“SIBUKEN”BLOG
シブケンブログ

“SIBUKEN”BLOG
シブケンブログ

お知らせ

2022.10.23

高気密・高断熱でエコな暮らし

快適に暮らしながら、エネルギー消費量を抑えて家計にも優しいのが高気密・高断熱住宅です、それと合わせて自然の無料エネルギー太陽を上手に取り入れて設計した家(エコハウス)が最近注目され主流になっています、最近のニュースでは、電気代の高騰に関するものが非常に多くなっています社会情勢や原油供給力の問題などが主な要因ですが、今後家計を圧迫すると思われます、これから住まいを計画するのであれば、エコハウスで快適な住まいを考えましょう。

本当のエコハウス、住宅のチェックポイント

敷地に合わせた日照計画

建物を建てる敷地に合わせて、日照のあたる部分とあたらない部分を敷地周りの住宅をグーグルマップから、取り込んでシュミレーションして計画しています。

断熱性能

断熱性能はコストとバランスを考え家丸ごと冷暖房出来るよう考え自社で温熱計算などしています、冷暖房負荷計算を行い、断熱性能でどの位年間の光熱費が変わるか比較して提案させてもらいます。

外部建具(サッシ)

高断熱樹脂サッシをお勧めしています、こちらも断熱仕様での光熱費などの比較で分かりやすいように提案させていただいています断熱性能比較では 上記絵で見る光熱費・室温シュミレーションでは外部建具の変更で年間の光熱費の比較をしています。

気密性 (施工品質)

  • ポイント1

性能の良い断熱材で設計計画しても、気密性が悪いと室内の温かい空気が壁の中に抜けていきます

たとえるなら冬車の窓を、少し開けると車内が寒くなる感じです。

  • ポイント2

室内の換気計画でも気密性能は重要で、隙間が多いと給気口からの入れ替えがうまく行かず

きれいな空気の入れ替えがうまくいかず、カビやダニの発生など引き起こす原因になります。

  • ポイント3

気密性が悪いと壁や天井の、躯体内に室内の水蒸気が入り冷やされると結露して木材を腐食させます

正しい施工により室内の水蒸気を躯体内に入らないように防ぐことができます。

  • ポイント4

気密性能は施工品質で変わります、弊社では必ず気密測定しています。

詳しくはこちらを参考にしてください。