“SIBUKEN”BLOG
シブケンブログ

“SIBUKEN”BLOG
シブケンブログ

お役立ち情報

2020.04.25

ブログ・家づくり基礎知識 木造住宅の間取り・プラン。

家を建てる時に重視したポイントとしてランキングで3位でしたので。
間取り、プランについて私の個人的見解も含み 説明したいと思います。

自分たちの思いどうりになる注文住宅だからこそ、迷うことも多くなりますがそれが家づくりをする楽しみの一つと言えます、参考にお勧めの間取りランキングを紹介します。

間取りオススメBEST5はこれです!
+番外編(お客様の要望で最近増えた間取り)

1:対面式のキッチン
2:ウオークイン玄関収納
3:パントリー
4:リビング階段
5:リビングとつながる和室、タタミコーナー

第1位は 対面式キッチン

対面式キッチンのメリット
①家族とのコミニュケーション
キッチンは毎日食事を作る場所なので、家事の中でも最も使用頻度が多い場所といえます、そのため主婦は間取りを考えるときにキッチンを意識します、調理に立つ人が孤立せず,家族と会話や子供の宿題など対話しながら作業ができるのでとても良いです。

対面式キッチンのメリット
②食事の配膳が楽
対面式キッチンの場合ダイニングテーブルを近くに配置するので食事をダイニングテーブルに運んだり、食べ終わった食器を台所に戻す距離が短いので大変楽になります、時にはダイニングテーブルを配膳スペースとして使うこともできます、我が家ではダイニングテーブルで子供が宿題や音読などしていました。

対面式キッチンのメリット
③開放感を感じられキッチンの存在感で個性が主張出来ます。
リビングと一体になり広く感じる事と視界が遮られないので外の景色がよく見えます、キッチンのデザインでおしゃれなLDK空間が出来る。

対面式キッチンのデメリット
①音と臭い
我が家も対面式キッチンで10年ほど使ってますが、音と臭いは許容範囲か゚と思います、独立型キッチンに比べると構造上不利なのでしょうがないと思いますがこまめに換気扇の調整などで対応しています、個人差が有りますが翌日臭いがすることは無いと思います。
音は洗い物の時などします、手洗い時、食洗器も中々音がするのでタイマーか
寝る前にスイッチを押します、たまに押し忘れて朝洗われていないと驚きます。

対面式キッチンのデメリット
②壁付けキッチンより広いスペースが必要
対面キッチンを設置する際には、壁付けタイプのキッチンよりも広いスペースを必要とします。カップボードとキッチンの間に通路を確保する為で、リビングソファーが置けないなどのスペースがない場合はⅠ型かL型キッチンを配置することになります。

対面式キッチンのデメリット
③手元が丸見えになる。
対面キッチンは、作業中の手元が丸見えになります。
また、シンクに洗い物が溜まっている様子なども見えてしまうため、来客時にはかなり気を使うかもしれませんね。
見えないように低い壁を立ち上げる事で防ぐ事も出来ます。

対面式キッチンのデメリット
④油はね・水はねが心配。
コンロ前やシンク前に壁がないと反対側に飛び跳ねないか心配になりますが。
コンロは標準でガラスの油跳ねガードが付きます、又オプションでシンク前に取りっけしたこともあります。

第2位は ウオークイン玄関収納

シューズクローゼット

ウオークイン玄関収納のメリット
玄関に置いておきたい物をストック出来る。
外で使った物など土間なので気にせず置けます、ベビーカーなどその他
シューズクロークに収納棚を設けることで、サッカーボールやバドミントンセット、一時ストックの不燃物などなど収納でき玄関から見えずに収納できすぐに出せます。

ウオークイン玄関収納のデメリット
臭いやカビ。
外で使った物などに土がついていたりしてカビが生えたり、靴の臭いが充満したりします、出来れば計画の時に窓と換気栓を付けて対策すると良いと思います。

第3位は パントリー

パントリーのメリット
食料品や飲料などを買い溜めして備蓄出来るので災害の時に安心で、調理器具や調味料なども片付けられることでキッチンがスッキリします。

パントリーのデメリット
大きなスペースが必要で中に入り使う為ある程度の大きさが必要で他の部屋のスペースを少し狭くしてしまいますので、キッチンのレイアウトなどで本当に必要か考え設置することをお勧めします。

第4位は リビング階段

リビング階段のメリット
子供がリビングを通って2階に行くので自然に様子がわかり安心できます。

リビング階段のデメリット
暖房効率が悪くなる、1階と2階が階段でつながる為、温かい空気は上昇するので効率が悪くなります、最近では階段入り口に引き戸を付けたり、家全体の断熱性能を上げて対処しています、私感ですが我が家は10年前からリビング階段で引き戸などないですが寒く感じません、2階の部屋のドアが開いているとわかります、それと子供の友達が来ると、リビングを通過するので夕飯を見られたり、ふろ上がりにパンツのまま居られません。

第5位は リビングとつながる和室、タタミコーナー

リビングとつながる和室、タタミコーナーメリット

フローリングに比べて畳はクツション性がある為そのまま寝転ぶこともでき
通気も良いので夏場など気持ちがよいです、それと友達や両親が泊まる時は寝室にもなります。

リビングとつながる和室、タタミコーナーデメリット
小上がりタイプにした場合は幼い子供も高齢者など段差が有るので危険かもしれません、

+番外編(お客様の要望で最近増えた間取り)

時代の流れで最近増えたのが夫婦のプライベートゾーンで小さいものでは1帖から2帖の書斎か家事室の用途で、自分だけの物を置くスペース、パソコンなど余裕があれば寝室を分けるなど自分の個室希望が増えてきました、それと玄関横に洗面所設置も増えるかもしれません。