“SIBUKEN”BLOG
シブケンブログ

“SIBUKEN”BLOG
シブケンブログ

お役立ち情報

2020.04.06

ブログ・家づくり基礎知識 家計の見直し術

住宅ローン 家計見直し

今、家計をどのように考えるべきかを私なりに考えた家計の見直し術です。

我が家は大学生、高校生、中学生の3人の子供と私の両親の介護など経験して、昨年は相続も経験しましたので全般的には色々と実体験していますので詳しいと思います。

今回は家計全体での減らさない出費、減らせる出費を見直しをしたいと思います。

減らさないほうが良い出費

食費 家計に占める食費の割合をエンゲル係数(1世帯ごとの家計の消費支出に占める飲食費の割合)

エンゲル係数の計算の仕方

エンゲル係数とは、消費支出にしめる食費の割合です。
消費支出とは手取り収入から貯金分を引いた金額です。
1ヶ月に出て行ったお金の総額ですね。ローンも含みます。
それでは、エンゲル係数を計算してみましょう。
先月の家計簿を見て下さい。
まず、食費の合計がいくらになっているかチェックしましょう。
食費には外食費を含みます。
次に、使ったお金を合計して下さい。ローンも含みます。
自動車税などの季節性の税金を払った場合は除いて下さい。
最後に、食費÷使ったお金の合計×100をして下さい。
これがあなたのエンゲル係数です。
たとえば、食費が月3万とします。
使ったお金が15万とします。
すると、3万÷15万×100=20%
この場合のエンゲル係数は20%になります。

エンゲル係数の全国平均は23.2%,
エンゲル係数が平均より高い方は食費の節約を検討してみてもいいかもしれませんね。

健全な食事を日常的に食べることが出来ることは人生の幸福度も上がり、健康。への良いことは間違いなく、基本中の基本だと思います、理論的になってしまいますが、スーパーの総菜、冷凍品などの出来あいの比率を減らして、手作りで地元野菜を使い添加物の少ない食事を出来るだけ食べたいものです、食費は下げにくい出費で、家計の無駄を省き食の質は維持したいものです。

交際費 家計の為に、日ごろからの付き合いを控える行為は避けたいですね、人間関係の広がりや維持の為に交際費を抑える事はできませんね、例えるなら飲み会や冠婚葬祭など 付き合いや交流は省く事は出来ないと思います。

習い事 学校以外での習い事や塾などの費用です、今は幼稚園からサッカー、スイミング、バレエなどと中学位で塾に行く方が多いです(小学校から塾行っている子もいました)子供が入りたいとか習いたい場合はサポートしたいです。  それでは、みなさんが最も気になる習い事(お稽古事)に掛かる平均の月謝について、文部科学省のデータをお伝えします、小中全体の平均で、男子では6,089円に対し、女子では7,112円。小学生では、低学年平均で6,444円、高学年平均で6,244円であり、中学生では、全体平均で8,015円、区分別では、小中全体で男女とも「4,001円~6,000円」が最大、引用元:文部科学省【子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告】

減らしたい出費 生活習慣の中であまり考慮されることなく、もくもくと支払われてる出費や、減らしても生活実感が変わらない出費に無駄な出費は潜んでいます、こういった家計の無駄を見直して、人生と生活を豊かにする部分に振り替えたいものです、家づくりは家計の見直しをする絶好なタイミングです。

通信費 まず見直すのが通信費です、格安スマホに切り替えするだけで、大手キャリアが平均月8.361円に対して、格安スマホは月2.980円で差額5.381円で契約期間2年ですので12.9万円分減らせます、我が家でもシムフリーの本体をネット通販で買いiijの格安シムを入れて使っています、 問題なく4年ほど使用しています 、本体別で月額1680円です、高校生なら十分だと思います、ただ保証がないので中学生の子供にはyモバイルの月額2.980円を買いました、別でシムフリースマホを買うのとあまり金額は変わらず保証が付きます。

月額固定サービス 毎月金額が発生する会員費なども、再検討すると良いと思います、私はヤフーとアマゾンのプレミアム会員でしたが、重複するサービスがある為、アマゾンのみにしました、ヤフーはなぜプレミアム会員になっていたか不明です。その他スマホアプリの課金、付き合いで買っているものなどです。

最近多いのが、ウオーターサーバーなどが有る家庭で私のお客様が入居後に部屋の電気ブレイカーが落ちると引き渡し後に連絡がありましたので、点検に行きましたらウオーターサーバーが設置して在り、それがかなり電気を消費するので別の回路から電気を取っていただくようにしてもらいました、その後新築住宅を計画する場合は設置の有無を聞いて計画しています。

ウオーターサーバーは授乳期などミルクを作るのに便利だそうです、電気代金は電気ポットと変わらないそうですが、水など含む年間総額は70,200円~112,032円だそうです、住宅計画を期に本当に要るのか再検討してほしいと思います。

ウオーターサーバーの比較参考サイト。https://www.waterservermax.com/denkidai.html